RYO KUNIHIKO

Profile

 

ピアニスト / 作曲家 / 音楽プロデューサー

· 生年月日 : 1960年 東京生まれ

6歳からクラシックピアノを習い、中学の頃からバンドを始めた後、医学部に進学するが、医科大学在学中からプロのミュージシャンとして活動を開始。 卒業後は麻酔医として大学病院に勤務するが1年で辞め、 本格的な音楽活動を始める。

活動当初はJ-POP界の浜田省吾や香港の伝説的ロックバンド BEYONDのアルバムプロデューサーとして活躍するなど、 日本をはじめとしてアジア地域のポップアーティストのアルバム制作やライブに数多く参加する一方、元カシオペアのメンバー櫻井哲夫&神保彰のバンドSHAMBARAに参加。

1996年にアルバム「The Gate Of Dreams」(Universal Music Japan)をリリースしてソロデビュー。デビューコンサートはオーチャードホール。その後、ロンドンシンフォニーオーケストラ、ロンドンフィルハーモニーなど、世界有数のオーケストラとともに8枚の正規アルバムをリリースし、ライブ活動を展開。一方で1995年、甄子丹(Donnie Yen)主演香港スターTVのドラマ「精武門」やジャッキー・チェン主演映画「デッドヒート(Thunder Bolt)」の音楽監督を皮切りに日韓で映画、アニメーション、ドキュメンタリー、CF、ドラマ、オンラインゲームなどの劇伴音楽制作およびOSTアルバムを数多くリリース。その活動は多くのジャンル、多岐にわたる。

韓国では2002年の釜山アジアンゲームテーマ曲<Frontier!>を契機に活動を活発化。2012年から2014年まで、国立劇場の「ヨウ楽フェスティバル」の芸術監督を歴任、2013年から現在まで済州島のミュージックフェスティバル ; JMF (Jeju Music Festival) の芸術監督担当。2013年の大統領就任式祝賀公演での作曲演奏、2014年ソチ冬季オリンピック閉幕式の次期開催地公演の音楽監督、作曲演奏。2015年11月パリユネスコ本部でのユネスコ70周年総会オープニングセレモニーにおいて作曲演奏など、多岐にわたる活動を展開。

2016年は、ソロデビュー20周年を迎え、ベストアルバム<THE BEST>をリリースし、20周年コンサート<UTOPIA>をソウル国立劇場と東京グローブ座で開催しました。今年も2017 JEJU MUSIC FESTIVALの芸術監督および2018年ピョンチャン冬季オリンピック開・閉幕式の音楽監督として、日韓を往来しながら活発に活動中です。

 

ピアニスト / 作曲家 / 音楽プロデューサー
梁邦彦