My Music & Moment


2022.12.11~ 12.23

  •  WRITER : admin
    HIT : 497
    22-12-30 16:06  

 

皆さん2022年も残りあとわずかとなりました。今年は皆さんにとってどんな1年だったでしょうか。

前回のブログでお知らせした様に12月3日4日ソウル国立劇場25 +1周年記念ライブNEO UTOPIAを無事終わらせると同時に日本で12月11日仙台ピアノソロ、12月18日大阪押尾コータローライブガチゲスト、12月23日品川教会と内容の違う連続ライブの毎日を過ごしました。

 

まず仙台ピアノソロ、これは1人で自由にと言うコンセプト。あまり決めずに、大枠だけを決めその場の流れで普段あまり弾かない曲もその時の流れでやってみる。ソウルの明洞聖堂でのピアノソロや今まで何度かソロライブをやってきたけれど、限られたクローズな空間で思いつくままにと言うのははじめてだった。結果普段とは違った形でまさにピアノで曲をスケッチしている、そんな感じで楽しかった。

申し訳ないのですが何の曲をどの順番で弾いたかあまり記憶がなく、正確なセットリストはアップできずで、どうぞご了承ください。星の降る丘、スーベニールなどを引いた記憶があるんだけど

 

そして12月18日なんばハッチでの押尾コータロークリスマスライブ、パーカッションのChristopher Hardy君とガチゲスト参加。

12月11日仙台から戻り、その足で押尾さんクリス君と東京で深夜までリハーサル。押尾さんの新曲や、なじみのある曲などやはり新鮮。なんばハッチでは2019年の12月クリスマスライブ以来。その時は僕と押尾さん2人だけ。

押尾さんはクリスマスライブに行くたびに、素敵なプレゼントを用意してくれていて、今回もクリス君と僕にめっちゃ機能的で最高なスリープウェア寝間着をプレゼントしてくれた。嬉しい、どうもありがとう! 

 




 

押尾さんとクリスくんとの組み合わせは、去る6月5日軽井沢大賀ホールでの共演以来でしたが 、押尾さん曲と僕の曲を交互に演奏、やはり演奏する度音の風景は全く別物になり、静謐な曲はさらに深く、ドラマティックで躍動的な曲はさらに華やかで激しく。とても新鮮で貴重な瞬間でした。

押尾さんの「彼方へ」と「ナユタ」は特にお気に入り、そして僕のSteppin’ Outも3人ならではのテイストに仕上がり、こちらも盛り上がりました。

僕の登場時ピアノソロでは新曲のFour-Leaf Diary、そして押尾さんからのリクエストで軽井沢大賀ホールの時にもやった、ビートルズのLady Madonnaを演奏しましたがこの曲妙に盛り上がるんだよね。

 

仙台戻り〜この大阪公演の間、空いた時間を縫ってクリス君&玲子ちゃんと12/23品川教会公演のリハーサル、そしてその品川ライブと大阪公演のプロモーションラジオ出演など目まぐるしく動き回り、フィナーレの品川教会「Holy Piano Night in Christmas Special 2022」へと突入。

 

実は11月中旬より僕の大恩師で親戚の様でもあり、本当に近しく&長きにわたりお付き合いいただいている株式会社ぴえろ布川郁司会長が体調崩し始め、入院&手術その後ICUでの闘病を繰り返していた。ひたすら快癒を祈りながらも好転しない状況で、心が騒ぎ続けていた。そんな折、押尾さんのクリスマスライブでいろんなクリスマスソング中の一曲「戦場のクリスマス;Merry Christmas Mr. Laurence」を聞いた時、布川さんのことが思い出された。僕が学生時代懸命にコピーして弾いたほど大好きな曲、そして作曲者の坂本さんも闘病を続けながら先日オンラインライブをされたと聞き、いろんなことが頭をよぎった。そうだ、品川教会でこの曲を弾こう、思いと祈りを込めて。布川さん、坂本さん、そして世界中の闘病している人たち、戦場で苦しんでいる人たちに想いを込めて。ライブMCでも言及したんだけど、今までのライブ、あまり人の曲;カバーをやってこなかったことに気づき、大阪ライブのステージ上でぼそっとそう呟いたら、押尾君がそれは梁さんが曲をたくさん作る作曲者だから、職業柄そうなんじゃないかなと言った。そこで僕がとっさに浮かんだフレーズは「そうか僕は作曲野郎?だからか!」まぁ冗談はさておき、

 

教会という場所柄もあり12月23日に演奏すべき&演奏したい曲の優先1番にMerry Christmas Mr Lawrenceが入りました。全く自分の予想していなかった、でも決めたのは前日。

その曲の前は馴染み深い、暖かく楽しいクリスマスソングを演奏したその後に。

教会の響きは素晴らしく(もちろん音響チームの仕事も絶品!) イントフレーズを弾き出すと音が教会の天に吸い込まれ昇って行き、こちらは全く違ったムードのクリスマスソングとなりました。

 

その他演奏曲、セットリストアップしておきます。

 



 

セットリスト

1 Last Christmas

2 Way Home

3 Merry-Go-Round in White Night

4 風の誓い

5 Mint Academy

6 AGAIN

7 Memory~Rondo~Silhouette of a Breeze

8 クリスマスメドレー (Jingle Bell, The Christmas Song, Santa Claus is Coming to Town)

9 Merry Christmas Mr.Laurence (戦場のクリスマス)

10 Echoes For PyeongChang

11 夜想月零〜YONA

12 Four-leaf Diary

13 Steppin’ out

14 Meteor ~ Nora

15 Tears in Your Eyes (Pf Solo) ~ WHO I AM

16 十二幻夢曲

Enc.1 我が心のマリア

Enc.2 Frontier

 

そして今回のEMMAメドレーはほとんどライブでやったことのない、Memory~ Rondo of Lillybell も加えた。EMMAは布川さんが契機となり僕が参加したアニメーション作品で、彼に捧げたもの。

玲子ちゃんのバイオリンも儚く美しかった。Steppin’ Outのこのトリオバージョンも中々だったと思う。

 

品川教会は僕にとって(何度か来てくれている皆さんにとっても?)特別な場所。普段演奏する音楽とは明らかに変わるし、しかも今回はクリスマス。

皆さんと一緒に思い出に残るクリスマスライブになりました。皆さんどうもありがとう。

そして韓国ではNEO UTOPIA公演から、日本では大阪の12/18からLP BOXとUSB EPスティック「NEO UTOPIA」および25+1周年記念Tシャツを販売スタート、皆さんにお届けできたこともよかった。

 

さて、怒涛の様な毎日が過ぎ、公演直後の24日またソウルへ。12/3&4 僕のNeo Utopiaライブにゲスト参加してくれた ハヒョンウ君のバンド、クッカステンのクリスマスライブを見に。日程的には正直しんどかったけど、あの熱狂的なライブを見た瞬間全てが吹き飛んだ。彼の歌唱力はもちろん、ライブの構成力やプロデュース能力は突出していて、2日間全て見ても全く飽きが来ず、むしろ吸い込まれて行った。

 

 

 

そして最後のアクシデントが、、

25日の2日目公演終盤盛り上がりの時、一階スタンディングの男性が突然倒れ場内一瞬騒然。ハ君が演奏をストップし、彼が状況をアナウンスしたその瞬間、倒れた男性のところに一目散に駆けて行った。

その男性は本来癲癇発作で投薬を受けており、当日その瞬間に発作が起こってしまった様だった。癲癇発作が数分後に収まり、彼の意識回復とそれからの病院搬送などの安全を主催側とハ君が確認した後、コンサートが再開した。そしてその再開するまでの空白の時間に訃報が。布川さんが他界された。目の前が真っ暗になったが、彼らのさらに熱を帯びた演奏と一緒に僕の意識も天を昇りどこか遠くへ。

 

28日近親者のみの葬儀を東京で行うと聞き、それ以降ソウルでの全ての行程キャンセルをお願いし、28日の始発に乗り日本へ。布川さんのご冥福を深くお祈りします。

しかしその間ソウルでファンミーティングも出来たり、有意義な時間ではあったけど皆さんにもご迷惑をおかけしてしまったと思う。どうかご了承ください。

 


 

それでは皆さん残り少ない年末と年始、健康にお過ごしください。

2023年が皆さんにとって実り多く、健康で素晴らしい年になります様に。

 

梁邦彦

 

P.S 僕もまた一つ歳をとります^^;