RYO KUNIHIKO

my Music


Ryo’s Mint Cafe Trio ‘First Breeze’ライブビハインドストーリー

  •  WRITER : 梁邦彦
    HIT : 180
    18-09-03 10:38  

2018.08.30
Ryo’s Mint Cafe Trio ‘First Breeze’
@Livingroom Cafe & Dining

Musician : 梁邦彦(양방언) ; Pf & Key .櫻井哲夫Tetsuo Sakurai ; Bass, 古川望 Nozomi Furukawa : Gt


今回初のRyo’s Mint Cafe Trioライブは本当に楽しく、新しい発見が多かった。
もともとスケール感大きい曲が多い僕の作品を3人でやったらどうなるのか、しかもアコースティックで。興味半分、予想できない部分半分だったけれど、櫻井さん、古川さんとの息もぴったり。平素やらない曲もトライしたり、同じ曲でもアコースティックトリオで演奏すると全く違う表情になったり、新鮮な発見多くて楽しい楽しい^^

 

 

たまたま同じ会場で昨年12月、鎮守の杜チャリティコンサートで一緒になった岡本真夜さんがピアノコンサートをすると言うので、遊びに行かせてもらったら、コンサートが良かったのはもちろんリビングカフェという空間スペースがとても快適で、ゆったり音楽鑑賞するにはもってこいの場所ということを実感でき、これは楽しみだなぁ~と家路に就いた。

 



岡本さんライブ終演後楽屋にて^^

 

ライブ当日は晴天、残暑厳しい日だったので、MInt Cafe Trioと言うグループ名に恥じない涼しく爽やか、そして楽しいライブに!と意気込んで会場到着。

小さめだけどメンテされていて、良い感じのピアノ。いつものようにマックプックプロ持ち込み、会場にある鍵盤をマスターキーボードにしてマックの音源を鳴らす。櫻井さんは特別なセミアコースティックベース、古川さんはアコースティック&エレクトリック2本のギター。3人のリハがほぼ終わりかけた頃、昨晩遅くライブを見に来ると連絡があったDEPAPEPEの三浦拓也君が、なんと今日一曲参加できるということで登場!^^ 昭和歌謡;恋のバカンスのリハーサル。

 



 

 

さて本番、一言で表現すると、余裕のあるスペース&快適なリビング空間で皆で一緒に音楽を楽しむ、そんなイメージのライブだったと思う。

この日は僕の曲だけでなく櫻井さんの曲、古川さんが持ってきた曲も披露。
櫻井さんのAlisaは彼の優しさが滲み出た温かい曲、古川さんは先日他界された母上に捧げるIn Christ Aloneと言う曲をエレキギターで、、、個人的に胸にこみ上げてくれうものがあった。

 

 

演奏は本当に楽しく、その様子は写真で見ていただければ伝わると思うのでおいておき、その代りこの日やらかしてしまったことをいくつか、独白。^^;

まずは1部のステージ譜面を持たぬままステージに。一曲目を弾いている最中気が付き、どうしてピアノの譜面台にスコアがないんだろう?2曲めまでは暗譜なので問題なかったけど、、MCで告白し、スタッフにスコアを持ってきてもらった。危なかった~^^;

1部と2部の間の休憩時間を僕が勘違いして40分間と言ってしまったけど、実は8時40分からだった。実際の休憩時間は15分だった。そのせいで2部のアタマを聞き逃してしまった方もいらっしゃったそうで、本当に申し訳ないm(__)m

そして2部、櫻井さんがMCしている間に水分補給していたら、僕の事を不自然に(ギャグレベルで)面白おかしく「持ち上げ」その瞬間飲んでいた水を吹き出してしまった。。。最前列の人までの距離が50センチ位だったので、明らかに水しぶきを浴びてしまった被害者が数人、ほんとに申し訳ありませんでした。

 




 

そんなハプニングも含め、そしてDEPAPEPEの三浦くんサプライズ乱入含め、ホントに和やかで楽しいライブでした^^ こういうスタイルのライブ、味をしめてまた是非やりたいなと思っている次第。櫻井さん、古川さん、そしてスタッフの皆さんお疲れ様でした!そしてもちろん来てくださった方々、ありがとうございました。

 


 

さてこのミントカフェトリオから始まったコンサートツアーin日本、次は全く趣向の違うライブで11月15日品川教会、リコーダーカルテットと共に&スペシャルゲストで二胡の第1人者ジャー・パンファンさんを迎え、聖なる響きをお届けします。どうぞご期待下さい!

梁邦彦